条件の曖昧さで失敗した薬剤師の求人選び

ルーチンワークからの脱出で楽しい職場環境を得ることができた

2度の職場選び失敗から考えたこと給料が減ったら絶対後悔する!ルーチンワークからの脱出で楽しい職場環境を得ることができた

これは職場でのコミュニケーションの必要性が高くなって、自然に人間関係を樹立できる人が多く集まっているだろうと考えたからでした。
本当にそうなるかどうかはわからないとしても、もともと人と話すのは好きなのでパートやアルバイトの人が何度も入れ替わってきて、その教育指導を担当することになればそれが仕事の中での刺激になるだろうとも考えていました。
そうすると自然に候補が少なくなり、給料の高さで順位付けして応募していくことができたのです。
4つ目の病院に採用されて転職に成功しました。
成功というのは、ーチンでない仕事ができるようになったという意味でもあります。
想定していたとおり、スタッフとも患者とも関係が円満で過ごしやすく、仕事も柔軟に行わなければならないので日々に少しずつ変化があってやる気が出てきたのです。
パートやアルバイトはそれほど入れ替わりはないものの、関係は良好な状態を維持することができ、楽しい職場になっています。
よく条件を吟味して求人を選んだのが成功につながったのは明らかでしょう。